消費者金融の大手と言えば……?

現在の日本の社会には星の数ほど言われている消費者金融。街を歩けば、どこにいっても目につくのは消費者金融のatmですよね。
そんな数ある大手消費者金融会社の中で、大手として、思いつくのは……やはりアコムですね。
アコムはマスターカードがライセンスを与えている日本国内唯一の消費者金融事業者です。
現代の消費者金融の契約では無人契約機が当たり前になっていますが、このシステムを初めて開発し、実際のシステムとして取り入れたのは、アコムです。「ららら むじんくん〜♪」のCMを覚えてらっしゃる方もいると思いますが、これは当時としては画期的なアイデアだったのです。
また、CMと言えば、アコムのイメージキャラクターはさわやかな女性タレントや女優が多いと思いませんか。
これもイメージ戦略の一つだといわれていますが、取り立ての厳しく、お金の借りにくいイメージから、さわやかな女性定員がイメージできるようなキャラクターの起用を行ったようです。
また、よく名前やCMを目にするのは、アイフルですね。こちらのイメージキャラクターはお笑い芸人のバナナマンです。彼らのキャラクターも親しみが持ちやすく、消費者金融を気軽に利用してほしいという願いからの、イメージ戦略とも言えそうです。
こうした、利用者のニーズを的確に捉え、サービスの向上を日々目指し、いろいろな戦略を考えていく、という点においては消費者金融も他と変わりはないようです。
この不況の時代、待っているだけでは、お客さんは、お金を借りには来ませんからね。

カードローン審査にかかる日数

カードローンの審査を受けると、どれくらいの時間で返事がくるのでしょうか?
急ぎの入用のある方などは、非常に気になる点です。
少しでも早くお金を準備したいと考える方にとっては、審査にかかる時間がとても長く感じるのではないでしょうか。
少し前までは、カードローンの審査にはかなりの時間を要していました。
早くて数日、長くて一週間以上かかるケースがほとんどでした。
申込をされた方は、審査結果が出るまでいらいら、不安を抱えながら待つ必要があったのです。
精神的にも負担がかかり、いかにも体に悪そうです。
しかし、今ではカードローン 審査に要する時間は、非常に早くなっています。
カードローン各社の宣伝や商品内容を見てみると「最短30分」という文句がめだつようになっています。
実際に、取扱会社では、最短で30分程度で審査が完了する先も多くなっています。
「即日融資」も現実には、十分可能なレベルまで審査スピードは向上しています。
申込を行ったその日のうちに、実際に現金を手にすることができるようになってきました。
先ほどの一昔前の状況を考えてみると、非常に便利な世の中になったと感じます。
審査のスピードは、申込者によっても異なってきます。
返済能力や勤務先、その他の属性に何の問題もなければ、その分審査は早く完了します。
逆に、何らかの問題が生じている場合には、その分時間を要することになります。
審査の結果がなかなか出ないという方は、何らかの問題があると考えておきましょう。
不安に感じる方は、担当者に問い合わせをしてみることも一つの手段です。

消費者金融の返済方法

消費者金融でキャッシングを始めると、翌月から返済が始まりますが、消費者金融口コミをみると返済方法はそれぞれの会社で借入残高によって一定の毎月返済額が決まっています。
キャッシングの返済方法はほとんどの金融会社は「残高スライドリボルビング方式」を採用していて、この方式は審査で融資限度額が決められる、その範囲内であれば何度でも借入れができるという方法で、おなじ借入残高があっても違いがあり、10万円以下の残高があるとき、3、000円のところもあれば4、000円、5、000円と違いがありますが、毎月返済額は多いほどはやく完済できます。
たとえば借入残高が10万円、金利の利率を18%、1カ月とすると金利は
10万円×18%÷365日×30日=1、480円が金利となります。
残高スライドリボルビング方式は返済額から金利を引いた残りが元金の返済になるので
毎月返済額が3、000円のときの元金返済額は1、520円となり、翌月の借入残高は998、480円、5、000円のときの元金返済額は3、520円になり翌月借入残高は96、480円となります。
毎月返済額が少ないと返済は楽ですが元金の返済に時間がかかってしまい、総返済額が多くなってしまうので少しでも無駄な金利を払わなくてもよい方法として、毎月返済額は3、000円にしておいて、お金に余裕があるときに繰り上げ返済をすれば毎月返済額以外は元金の返済に充当されるので返済期間が短くなり、総返済額を少なくできます。

車でお金を借りるには?

街中で、「車に乗ったまま融資」という広告、宣伝をよくみかけるようになりました。
自分の乗っている車を担保として融資を行う先も増えてきています。
車担保融資と呼ばれていますが、いったいどのようなものなのでしょうか。
車担保融資とは、自分の車を返済ができなくなった場合の保障として担保に預けるというものです。
車の現状の売却価格を出して、その査定金額の範囲内で融資を行います。
車の価格は、傷がついていたり、修復歴がある場合には、見積もり額は低くなります。
それでは、車の価格がどれくらいなのかを、どのように知ればいいのでしょうか。
それによって車を担保にお金を借りることのできる金額も異なってきますので、重要な問題です。
一番の方法は、「カーセンサー」「ズバット車買取比較」「楽天オート」といった無料査定を利用することです。
インターネット広告などで見かけるこの査定方法は、無料で行うことができ、自分の愛車の価格を知るツールとしては最適です。
複数の先から査定を受けて比較検討してみましょう。
車担保融資は、銀行な消費者金融などで融資ができない方に人気がでています。
これらの先では審査を受ける必要がありますが、車担保融資を扱う先には、審査が必要ない先もあります。
ただし、あくまで借入ですので、きちんとした返済計画が重要なことはいうまでもありません。
万が一、返済ができない状況になった場合には、車を手放すことになります。
もし、貴方が日常生活で車が欠かせないものであるならば、車担保融資の利用は十分に注意するべきでしょう。

お金を借りる方法として安心感が大きい三井住友カードローン

北洋銀行でお金を借りるなら、カードローンスーパーアルカに申し込んでみませんか。スーパーアルカの最大の特徴はその金利と限度額です。
スーパーアルカの限度額は、10万円からなんと1、000万円まで利用することができます。金利は変動金利が採用されており、年2.95%〜14.7%と安心の低金利です。
銀行での借り入れは準備が大変、手間も時間もかかって簡単にはできない、と思っていませんか?北洋銀行のカードローンなら、平日では最短で即日借り入れも可能になります。北洋銀行の口座を持っているなら、その口座に即座に借り入れもできるのです。
もちろん店舗に行かなくても申し込みができます。ネットでも電話でも、自分の申し込みやすい方法を選び自宅にいながらにして契約することが可能です。申し込みの手軽さの一つに、収入証明書の提出は借り入れ希望額が300万円を超える場合となっています。
また、スーパーアルカでは月々の最少返済額の設定が少なくなっています。例えば10万円以下の借り入れならば、毎月の返済額は2、000円からと余裕のある返済計画が立てられそうですね。
銀行カードローンは、クレジットカードのような年会費が必要なく、カードを持っているだけでは負担になりません。もしもの時になってから焦ってお金を借りる準備をするのではなく、申し込みと契約は済ませておきいざという時にスムーズに借り入れできるようにしておくというのもカードローンの有効利用なのです。

お金を借りるなら真剣に考えよう

今、お金が必要になっている理由にはどんなものがあるのでしょうか。
お金を借りるならそのことについて真剣に考えてみましょう。
借り入れ先を探す時にはいくつかの選択肢があります。
その時、その状況によってどんな借り入れ先があり自分にとってお金を借りたい借り入れ先はどこにあるのか見つけることができます。

どのようなことに注目すればいいのか考えてみましょう。
まず重要になるのは「借りたい金額」です。
家賃の引き落としに足りないために3万円を借り入れたいこともあるでしょう。
急な冠婚葬祭があり5万円を用意したいこともあるでしょう。
住宅を購入するためにローンを組みたいこともあるでしょう。
返済できる金額は個人によって差がありますが、借り入れたい金額をまずは見極めることが必要です。
そして「返済にかける期間」も考えましょう。
1回で返済ができるのか、2回で返済ができるのか、これだけでも全く違ってきます。

簡単ではないでしょうか。
・借り入れたい金額
・返済にかける期間
これを先にはっきりとさせておきましょう。
個人によって収入が違いますので返済能力は異なります。
それでもまずは最初の選択肢となる借り入れ先を見つけ出すためには重要なことになります。

思っている以上にお金を借りることは簡単です。
しかし、その選択肢を間違えないことは困難なことでもあります。
極端に言えば住宅ローンを消費者金融で補うことはないということです。
間違いない選択肢からお金の借り方返し方を考えていきましょう。